超簡単・手軽な整形で誰にも知られずキレイになろう

顔が気になる場合

診察室

種類や利用する目的を考える

小顔になることを希望している女性は少なくありません。芸能人などを見ると、小顔の人が人気があるだけでなく実際に芸能人でなくても小顔の女性は男性から人気がある傾向があります。そのため、自分が小顔でないため人気が出ないと考え込んでいる人もいるでしょう。これをコンプレックスと考えるようになると自信のない状態で生きていかなければならなくなります。そこで、小顔にするためにボトックス注射を筋肉の中に入れることが重要になるでしょう。昔は、エラ削りといって、頬骨の部分を削るのが一般的でした。これにより顔は小さくなったような気がしますが実際には横から見た顔が小さくなるだけで正面から見た顔はそれほど変わりません。骨の部分が出ているといっても、正面から見た場合これはあまり影響していないです。それよりも、筋肉が出ていることにより顔が大きく見えることが多いです。筋肉は、正面から見た場合によくわかります。そこで、この筋肉の働きを弱めるためにはボトックスを注入する必要があります。ボトックスは、ボツリヌス菌と呼ばれるもので筋肉をまひさせる働きがあります。これを医療用に改良して副作用はなく使えるようにしたのが現在のボトックス注射になります。ボトックス注射は、一度打つことにより3カ月から半年ぐらいの期間は効果が持続するのが特徴です。これにより、しばらく顔の大きさに悩む必要はありません。しかも、施術をするのに5分から10分程度の時間が必要なだけです。カウンセリングなども含めても30分程度しかかからないのが大きな魅力です。

ボトックス注射を利用する目的は、もちろん小顔になることを目的としていることには間違いありません。ただ、それだけでなくもっといろいろな意味があります。例えば、小顔にしたいならばボトックス注射を自分で購入して打つこともできそうです。もちろん法律的に問題はあるだけでなく、そもそも自分で打ったとしてもどの程度奥まで針を刺したらいいのかわかりません。もともとボトックス注射は小顔にするためのものですが筋肉を縮小させることにより小顔を目指すものです。そうだとすれば、単に打てばよいわけではなくピンポイントに筋肉の部分に注入しなければ意味がありません。そうだとすれば、素人が行うといっても期待できる効果が生じるとは限らないでしょう。むしろ、効果がないようなことも十分考えられます。次に、利用する目的としては副作用がないことと言えます。自分で行う場合には、針を刺して注射をするだけのように感じますが、その針の先っぽに細菌が付いていた場合には術後顔がはれてしまう可能性があります。もともと注射自体は顔がはれにくいですので、顔がはれるとすればそれはボトックス注射によるものではなく針が清潔、なかったことなどが考えられます。このように考えれば、自分で注射をするよりも専門の医師に行ってもらった方がよいでしょう。それ以外に考えられる利用する目的は、適切なアドバイスを受けることができることです。最近はインターネットの情報も増えていますので調べられそうなことも多いですが、中にはインターネットを調べても出てこないようなことがあります。この場合には、専門の医師に相談することで自分が知りたかったことを本当に知ることができるようになるでしょう。

Copyright© 2019 超簡単・手軽な整形で誰にも知られずキレイになろう All Rights Reserved.